株式会社アルナ aluna

写真の日

皆さまこんにちは!佐竹です!

緊急事態宣言が解除され、今日から営業再開のお店も多いのではないでしょうか。
私も徐々に外回り営業再開です!まだコロナウイルスが完全に終息した訳では無いので、訪問することが出来ない営業先もありますが、地道に頑張って行こうと思います!

そんな本日6月1日は「写真の日」です。
「写真の日制定委員会」が1951年に制定しました。日本写真協会が主催です。

 
1841(天保12)年のこの日、日本初の写真が撮影されました。
 
写されたのは薩摩藩主の島津斉彬で、撮影したのは長崎の御用商人・上野俊之丞だったそうです。
「東洋日の出新聞」に掲載された上野俊之丞の息子・彦馬の口述による記事「日本写真の起源」の記述をもとに、この日が日本で初めて写真が撮影された日とされていましたが、後の研究で、それ以前にも写真撮影が行われていたことがわかっているそうです。

額縁は、写真を飾る際に大切なものです。大切な思い出を目に見える形で、残しておくというのは素敵な事だと私は思っています。

さて話は変わり、アルナ製品紹介第45弾です。
本日は、木製フレーム「AL191」のご紹介です!
(写真はAL191、くるみの額縁イメージです)

シンプルなデザイン、適切なフレーム幅、ベーシックな色合い、豊富なサイズバリエーション。
個人ニーズからイベントでの数口注文まで、幅広く愛されている木製額です。

フレームカラーは、ブラック・ホワイト・ナチュラル・くるみの4色展開です。

見え幅15mm/ カカリ6mm/ 立ちあがり12mm/ 深さ7mm/ 作品厚2mmまで
です。
イベント等で作品をお求めやすい価格で販売したい時、お役に立てます!是非お試しください!
本日は、お読みいただきありがとうございました!

必要な変化と継続

今日から6月がスタート。なんだかんだ言って、新型コロナウイルスと約半年一緒の生活をしています。
生活や仕事の環境が変わる真っ只中にいて、その変化を体験でき、後世に語り継げる機会がある事は、ある意味幸せなのかもしれません。ダーウィンの「強い者が生き残るのではない。変化出来る者が生き残るのだ」という言葉も有名です。

300年企業を目標としている弊社も、様々な変化を実行するチャンスを活かして、前向きに取り組んでいます。

変化がある一方、変えてはいけない物もあります。約2年前、弊社鹿児島工場はテレビの取材を受けました。熊本地震で被害があった熊本県益城町の小学生を工場へ招いて、額縁が出来上がるまでの工程を見学してもらいました。TV番組では彼らがレポーターとなって、製造工程を説明する場面もありました。


地域や教育への貢献は今後もなくなる事はありません。税金を納め地元の経済を回し、将来への種まきをする。これらは会社が永続する限り絶対なくなりません。厳しい時代、出来る事に限りはあるかもしれませんが、止める事なく身の丈に合った活動を続けて行きたいと思います。

消費者の日

皆さまこんにちは!佐竹です!

本日5月30日は「消費者の日」です。
1968年のこの日、「消費者保護基本法」が公布・施行され、
10周年を記念して1978年に経済企画庁(現在の内閣府)が主催となって制定されました。

「消費者保護法」とは「消費者の利益の擁護を図り、国民の生活の安定と向上をさせる」
ということを目的とし公布・施行されました。

現在はコロナウイルス影響の為、消費者の活動範囲が狭められ、消費が低迷しているかと思いますが、
なんとか日本の景気が上向いて安心して消費活動ができるようになってほしいものですね。

そんな「消費の日」にちなんで、お金にまつわるお話を1つご紹介!
子どもにとってはお正月の楽しみといえば「お年玉」ですが、大人にとってそれは大出費の恐怖のイベントです。
そこで、調べてみたところ お年玉とは、本来「モチの玉」なのだそうです。
次回から子どもたちにお金じゃなくモチをあげたら「なんで!」と怒りをかうでしょうか…。
ごまかすために、お年玉の歴史や意味について、学んでみるのも良いかもしれません(笑)

さて話は変わり、アルナ製品紹介第44弾です!
本日はアルミアムシリーズ第2弾「LEAN」のご紹介です!2019年グッドデザイン賞を受賞した額縁です。
(写真は、LEANのマットブラック額装イメージです。)

額縁の側面部分が10度、斜めになっているアルミ額です。
この傾きによって、床に側面で設置することができ、安定して壁に立てかけることができます。
内側は作品に向かって緩やかなカーブを描いており、柔らかく豊かな印象を生んでいます。

フレームカラーは、マットブラック・マットシルバーの2色展開です。

見え幅10mm/ カカリ7mm/ 立ち上がり36mm/ 深さ10mm/ 作品厚5mmまで です。
CUTと同じくA1以上の大きなサイズにも対応可能です。
CUT・LEANの額縁表面はショットブラストのようなマット(つや消し)コーティングを施し、
アルミの素材感と高級感を併せ持つアルミ額です。ぜひお試しください!

ちなみにですが、特殊加工の一種として、砥粒を工作物に吹き付けて加工する方法を総称してショットブラストといいます。

本日はお読みいただきありがとうございました!

エベレスト

皆さまこんにちは!佐竹です!

本日5月29日は「エベレスト登頂記念日」です。
1953年のこの日、ニュージーランドのエドモンド・ヒラリーとシェルパ族のテンジン・ノルゲイが、
世界で初めて世界最高峰のエベレストの登頂に成功した。

その後、多くの幸運な登山家たちが登頂に立つことに成功しますが、その時期は5月に集中しています。
それは、ヒマラヤの気候が安定する乾季のプレモンスーン期にあたるためだそうです。
5月はエベレスト登山のベストシーズンなのですね。

一般的によく知られているエベレストの標高は8848m(現在では8850mとも)。
酸素が平地の3分の1といわれる標高8000m以上は、
人間が生存できる限界を超える「デスゾーン(死の地帯)」といわれ、多くの登山者たちの挑戦を退けてきました。
1953年の初登頂以来、今なおエベレストの山頂は、限られた者しか立ち入ることができない特別な世界なのです。

ジョージ・マロリーさんという方は、1923年のニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで
「なぜエベレストに登るのか」という質問に「そこにあるから(Because it is there.)」という有名な言葉を残しました。
人生を山に例えて考察するのも、大きな目標を持つ大切さを見出すのも、
エベレストに魅入られたロマンを感じるのも、解釈する人の心が決めるシンプルな言葉です。

困難が大きければ、達成した時の喜びも大きいのは確かです。
そのためには、まずは今の自分に合った「山」を見つけて登ってみようと思います。

さて話は変わり、アルナ製品紹介第43弾です!
本日は、アルミアムシリーズ「CUT」のご紹介です!2019年グッドデザイン賞に輝いた商品です!
(写真は、CUTのブラック、額装例です。)

エッジを切り落として、シャープな印象を携えた額縁です。
正面から見たときは、額をあまり意識することなく作品に集中できます。
また斜めから見たときは側面が面取りされているため、壁面から浮いたような軽やかな印象の額です。

フレームカラーは、マットシルバー・マットブラックの2色展開です。

見え幅7mm/ カカリ6mm/ 立ち上がり28mm/ 深さ10mm/ 作品厚5mmまで です。
細身ながら5mm厚の作品まで対応可能です!
写真・ポスター・現代アートなど、様々な作品に添えることができます。
また、断面を強固に作ることで、A1以上の大きなサイズも可能です。ぜひお試しください!

本日はお読みいただきありがとうございました!

ゴルフ

皆さまこんにちは!佐竹です!

本日5月28日は「ゴルフ記念日」です。
スポーツ用品メーカー・ミズノの直営店・エスポートミズノが1994年に制定しました。
1927年のこの日、第1回全日本オープンゴルフ選手権大会が横浜の保土ヶ谷ゴルフ場で開催されたそうです。

日本初の全日本オープンゴルフ選手権大会の記念すべき優勝者は赤星六郎という選手だったそうで、
大会が開かれたことによってゴルフの知名度は上がり競技人口もそれと同時に増えたそうです。
この日をもってゴルフブームの出発点として記念日が制定されましたが、
ゴルフ記念日を制定することによって「ゴルフの更なる発展」を目的としているそうです。

ゴルフというと初期費用がとても高く、手が出しにくく、若者はあまり行っていないイメージですが、
最近は若い人向けに可愛いゴルフウェアが店舗に並んでいるのを見かけます。
私にとってゴルフというスポーツは、未だ高嶺の花ですがいつか本格的にやってみたいですね。

ちなみにですが、ゴルフ選手として有名なタイガーウッズ選手ですが本名では無いそうです。
本名はエルドリック・ウッズさんというらしいです。皆さまはご存知でしたか?私は初耳でした!
またひとつ知識が増えました!

さて話は変わり、アルナ製品紹介第42弾です!
本日は「4126型 フォトフレーム」のご紹介です!
(写真は4126型フォトフレーム、ライトブラウンです。)

アジアンテイストあふれるフォトフレーム。
格子柄と擦ったデザインがアンティークな雰囲気を醸し出します。51㎜幅のボリュームがあるフォトフレームです。

フレームカラーは、ライトブラウン・ダークブラウンの2色展開です。

見え幅51mm/ カカリ6mm/ 立ち上がり14mm/ 深さ6mm/ 作品厚2mmまで です。
透明板はポリスチレンボードを採用していますので、ガラス割れの心配がありません。
スタンドと吊具がついており、卓上・壁掛けどちらでも対応可能です!

先日ご紹介しました「3815型」と同じく5月に新発売となった商品です。ぜひお試しください!

本日はお読みいただきありがとうございました!

前へ1234...103次へ