株式会社アルナ aluna

株式会社アルナ社長ブログ
株式会社アルナ社長ブログ

代表取締役社長の雪山が、社内や地元での出来事やイベントを掲載しています。従業員の普段の姿も紹介して行きます。

夏の立山

夏休みを使って、富山県立山へ旅行に出かけました。

立山と言っても、「立山」という名前の山はなく、雄山(おやま、標高3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、標高3,015 m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2,999 m)の3つの峰の総称です。

台風の影響で北陸も40度近い気温でしたが、私が訪れた室堂は標高2450Mの為、気温18度。涼しいを通り越して肌寒い気温です。標高が高いので空気が薄いか心配していましたが、何の問題もなく散策が出来、大自然を満喫出来ました。

埼玉から立山まで車で約6時間。その後ロープウェイやトロリーバスで山を登る為、簡単にはたどり着けませんが、だからこそ、到着した際の感動はひとしおです。

マイカー制限もありますが、自然を守るには必要な処置だと思います。訪れる事が出来るのも4月~11月の約8カ月。世界遺産に登録後観光客が急増して様々な問題が起きているというニュースも耳にします。逆に制限を設ける事で、自然を守る事も必要だと実感します。

立山で撮った写真は、早速額に入れて飾ります!

損益分岐点

営業課長の髙橋君に、埼玉県産業振興公社主催の「損益分岐点」研修に参加してもらいました。

仕事をしていれば、損益分岐点という言葉はよく耳にします。
しかし、算出方法であったり、どのような仕事をすることで損益分岐点が上がるのか?下がるのか?
を理解する事は難しいです。

髙橋君は、疑問に思っていた事を事前に整理して研修会に臨んだお陰で、実際社内で行われている仕事に当てはめて勉強する事が出来たようです。

中でも「赤字製品は生産を中止」するのが経営に取って得か損かの捉え方を学んだ事は大きいと思います。
「赤字製品は生産すべきではない」という考えが一般ですが、赤字製品を作らなくなっても、人件費や光熱費などの固定費は発生します。生産をやめる場合は、それに取って変わる新製品の製造などの対策がなければ、売上だけでなく利益も押し下げてしまう事になります。

実際大手の会社では赤字でも市場シェアを奪うために販促キャンペーンを打っているところもあります。(この場合、大手で体力のある会社に限られますが)

髙橋君には、今後部長、さらにその上を目指して欲しいので、より広い視野で物事をとらえ成長し、実績も残し、自らの成長につなげて欲しいです。

少し早めの誕生会

6月、7月、8月と3か月続けて誕生会開催です。

8月の主役は新入社員の片野さん。

誕生日が夏休み中の為、少し早めのお祝いです。

鹿児島から埼玉へ引っ越して早2か月。
ワインのおいしさも分かるようになってきたようです。

誕生会では、スペイン料理と一緒に赤&白のワインを堪能し、
最後はおいしいデザート。

無限大の可能性を持った片野さん。
色々な経験を積んで成長して行ってください!

世界一受けたい授業 再登場

弊社の得意先である、相田みつを美術館の相田一人館長が今年春に登場した「世界一受けたい授業」が好評だったため、27日(土)に放送された2時間スペシャルに再登場しました。

今回の放送では、1つの作品を描き上げるのに、時には100枚以上も同じ作品を描き続けるこだわりや、戦死した2人の兄が相田みつを氏へ与えた影響など、ただ単に綺麗に描くだけでなく、「なぜ相田みつを氏の作品が人々に感動を与えているのか?」の理由が垣間見えた放送でした。

最近は「インスタ映え」など他人からどうみられるかを気にしすぎている傾向があります。今回の放送は若い人も多く観ていたと思うので、相田みつを氏の「しあわせは」の作品にある通り、自らの心の持ちよう如何で、物事を前向きにもっていける事を、多くの人に理解し、実践して欲しいです。

Happy Birthday 髙橋君!

営業課長、髙橋君の誕生会を開催。

ムードメーカーで、常に職場に笑いを届けてくれている髙橋君。

数年前入社した髙橋君も、今では良きパパになっています。
家で子供をお風呂に入れるため、無駄な残業はせずきちんと定時には会社を後にします。

会社の求める数字を追いつつ、部下の指導も行う。
常に結果を求められる立場にいますが、良き先輩・良き見本として
時には厳しく、常に明るく営業部を引っ張って行ってくれる頼もしい存在です。

髙橋君、誕生日おめでとう!

123...26次へ