株式会社アルナ aluna

アルナスタッフの、仕事と未来への情熱を感じて下さい

鹿児島工場 三代目 工場長 佐々木博

いつの時代でも細かな所まで気を配り、アルナファンを増やす取り組みを

鹿児島工場 三代目 工場長 佐々木博

工場長として、工場の生産管理に携わると同時に、製品開発にもリーダーとして取り組んでおります。アルナに勤めてから約30年経ちます。お世話になっている間に「アルナでしか作れないもの」を企画・開発して、目に見える・触れる形にしたいと考えています

額縁には、従来の平面的な作品を入れるだけでなく、ドライフラワー・お皿など立体的な作品を入れる事も増えています。額縁というよりはケースに近いかもしれません。ただ、どちらも弊社の加工技術を生かせる点で一緒です。額縁はたった1mm、2mmの違いで「小さすぎて入らない」「大きすぎて余白が目立つ」といった不具合が生じる製品です。少しも気が抜けません。また季節・天候・湿気などにより、材料の膨張・縮小が生じます。工場から出荷する際は問題なく収まっていても、お客様の手元に届いた時、寸法に狂いが生じていては元も子もありません。額縁を作る以外にも、梱包の仕方や「どの運送会社がどの地域に強いか?」「安心して運んでくれるか?」まで考えます。

額縁業界は、市場規模は大きく無いですが、良くも悪くも昔ながらの気質が残っている業界です。その中で、弊社は常に攻めの姿勢を持ち続けている会社だと思います。製品開発しかり、得意先の開拓しかり。今までとは異なる分野へ怯む事無く飛び込んで行きます。この勇気と行動力に我々がどう応えて行くのかが大事です。

今は額縁やケース関連の仕事が多いですが、将来我々の特性を生かし、実績を積み上げた結果、全く異なる製品やサービスを販売している可能性も否定できません。時代の流れに沿った変化をして行くのであれば、工場内の生産品目の変化はあって当然です。

製品が変わったとしても、歴代の工場長を中心に先輩方が積み上げて来た「信用」「信頼」「高品質」「安全」などコアな部分は変わりません。

いつの時代でも細かな所まで気を配り、アルナファンを増やして行ける取り組みを続けて参ります。

鹿児島工場 副工場長 久保晶

1つでも多くのオンリーワン製品、アルナブランドを生み育てる

鹿児島工場 副工場長 久保晶

額縁は洋服のようなものだと思っています。洋服の様に、額縁も季節によって変えて行く。一般消費者の価値観をそのように変える仕事をして行きたいと思います。

私達の取り組んでいる仕事は、アパレルで言う「プレタポルテ(Prêt-à-Porter)」に近いと思います。「オートクチュール」のように、最初はこだわりを持ったお客様からの高い要望に応えて製品を完成させる。細部にまでこだわるので、必然と価格は高くなる。その後高品質を保ちつつ、ロット生産やコストダウンを図った結果、高級既製服(プレタポルテ)の生産・販売が出来る。

我々が属している額縁業界も、御多分にもれず縮小傾向にあります。しかしながら、ただ嘆いていても仕方がありません。少子化で絵画人口が減っているのであれば、高齢化社会を逆手に取って、自分たちで絵画教室を運営するくらいでないと。自分たちから情報を発信する力を付けないといけません。

物を作って売れるのを待つのではなく、売れる仕組みを自分たちで知恵を出し、作り上げて行く。そうしないと需要創造は出来ません。「現状維持=衰退」です。攻めの提案を続けて行きたいです。

私達が目指すのは300年企業。300年企業を目指す中で、今私に出来る事はアルナブランドの認知度を高める事です。その為にはより高度な技術や販売戦略が必要になるでしょう。今まで培って来た基礎は大切にしつつ、新しいものを追求していかないと駄目だと思います。

その結果、1つでも多くのオンリーワン製品、アルナブランドを生み育てて行きたいです。

西日本営業統括 尾崎慎吾

細かなニーズに対応することで、製品をさらに成長させる

西日本営業統括 尾崎慎吾

主な得意先である小売店に安心して販売してもらうためには、ブランド力と品質の向上は不可欠です。100円ショップをはじめ海外製品の品質も向上していますが、それ以上の品質・付加価値を我々メーカーが提供する事で、小売店の成長・発展にもつながります。

ホームセンターや100円ショップは画一的な商品を全国に陳列しています。しかしながら、首都圏と地方とでは家の広さも違いますし、好まれるテイストも違います。額縁に関しては、東京で売れたからと言って、地方でも売れるとは限りません。額縁専門小売店はエンドユーザーの細かなニーズに応える事で生き残っています。細かなニーズへの対応、例えば特注品への対応や仕上がり具合に関して、アルナは他社と比べて高い評価を得ています。

例えばユニフォーム額。以前は額縁の裏からユニフォームを入れる形式で、入替が不便でした。弊社が2001年に「前からユニフォームの入替が簡単に出来る」というコンセプトで発売を開始した前開き式ユニフォーム額は、飾りやすさで高い評価を得て、ロングランの製品に育っています。ロングランと言っても全く同じ作りで約20年作り続けている訳ではなく、定期的に素材や製造方法を変えています。場合によっては数百万円かけて金型を作り改良につなげる事もあります。

特注品や仕上がりが良い製品で喜ばれた次のステップとして、小売店が「売りやすい」「勧めやすい」製品に成長させる必要があります。具体的には、「誰にでも使いやすい仕様にする」、「コストダウンをして販売価格を下げる努力」です。額縁小売店はエンドユーザーの為に作品を店内でセットしてお渡しする事も多いです。その際、額縁小売店のスタッフが簡単に作業出来れば、時間短縮につながり喜ばれます。価格も下げられればスタッフの方もエンドユーザーへお勧めしやすくなります。

このような提案を、より短期間に頻繁に実施し、更なる強みにつなげたいです。

営業課長 髙橋宏貴

様々な企業とコラボレーションし、より良い製品開発につなげて行きたい

営業課長 髙橋宏貴

2019年ラグビーワールドカップ、2020年オリンピック・パラリンピックが日本で開催されます。写真やポスターを始め、ユニフォーム・ボール・スパイクなど「想い出を飾る」文化はこれから数年で一気に高まる可能性を秘めています。

オリンピック関連で言えば、聖火ランナーが掲げるトーチも額装した事があります。世界的なイベントをきっかけに、「これも額装出来るの?」と驚き・喜んでもらえる機会が増えればメーカー冥利に尽きます。

飾る作品の大きさ、重さ、形状によって使われる額縁の素材・部品・深さも変わって来ます。1967年の創業以来、50年以上額縁に携わっていますが、お客様からの依頼で思ってもいない作品を額装する事もあります。とあるプロ野球の球団が日本一になり、優勝フラッグを額装したことがあります。旗の大きさ・重さは今までで最大級でしたが、それ以上に「日本シリーズを制した記念品。世界に2つとない記念品」を弊社の額縁を使って飾って頂くという責任感、プレッシャーは想像以上でした。失敗は許されません。限られた時間の中で可能な限り打ち合わせ、検証、試作を繰り返し、無事納品出来た時の安堵感と喜びはひとしおでした。

額装の幅が広がるにつれ、今後は素材面から開発が必要になると思います。その為に様々な企業とコラボレーションし、より良い製品開発につなげて行きたいです。幅広い取り組みを行う事で、有望な人材が入社し刺激を与えてくれる事が弊社の発展につながると思います。弊社が発展すれば業界の活性化にもつながって行きます。

成長の下地を作り上げ、弊社が目標としている300年企業に向けて、ロゴマークであるカモメマークを高々と羽ばたかせて参ります。