株式会社アルナ aluna

社長ブログ
社長ブログ

代表取締役社長の雪山が、社内や地元での出来事やイベントを掲載しています。従業員の普段の姿も紹介して行きます。

よいお年をお迎えください。

弊社は12月27日が仕事納め。

その後、ドラッカー読書会でお世話になっている高橋さんを交えた忘年会。

忘年会の最後の約30分は営業課長による、今年9月に生まれた子供の自慢話になりましたが。

ただ、かわいいのは仕方がありません。
動画も見せてもらいましたが、本当にかわいらしいです。

今年の締めくくりの写真は、営業課長が子供と一緒にお宮参りに行った時の写真です。
(縦の画像だとなぜか横向きになってしまうので、見づらいかもしてませんが、御了承ください。)

皆さん、よいお年をお迎えください。

全国額縁組合連合会認定フレーマー認定資格

今年10名しか合格者が出なかった、「全国額縁組合連合会認定フレ―マー認定資格」に
弊社からなんと3名も合格者が出ました!

入社2年以内の若手3名です。

額縁の歴史や奥深さにまつわる知識を備えたので、
今後の営業活動に是非役立てて欲しいです。

頂いた賞状は、もちろん弊社の額縁に入れました。

ちなみに記念の写真は、今年はやりのブルゾンちえみ withBを意識してます。

日本で一番大切にしたい会社

「日本で一番大切にしたい会社」の著者である、法政大学大学院教授の、
坂本光司氏の講演会に参加しました。

坂本教授いわく、民間や国が様々な形で企業を表彰しているが、
審査基準があまかったり、大手企業よりだったりで、本当に企業の大きさ問わず、内情を確認したうえで評価を下している制度は少ないようです。

だからこそ、坂本教授が中心となって進めている「日本で一番大切にしたい会社大賞」
は信用度が高く、本も評価されているのだと思います。

講演の内容はもちろん有意義だったのですが、坂本教授の言葉1つ1つに対する
厳しさと強さには驚きました。

企業経営は決して易しいものではありません。それを承知しているからこそ
厳しいハードルを設け、それをどう乗り越えて行くか、実践して行くか。
それには経営者の覚悟が必要ということです。

当たり前のことですが、この当たり前を継続していける経営者は多くありません。

自らを律し、周りから「大切にしたい会社」と思われ続けなければ、目標としている
300年企業にはなりません。

地元のお土産として

弊社工場所在地、鹿児島県薩摩川内市の川内駅にある物産店で、弊社の額縁の販売が始まりました。

地元企業の商品ということで、置いて頂く事になりました。
いつもお世話になっている市役所の方々、そして久保副工場長を始め
従業員のお蔭です。ありがたいです。

額縁と言っても、電車で持ち帰られるサイズは限られているので、
フォトフレームなど小さな物が中心です。

ただ、先日弊社の特徴であるユニフォーム額のご注文も頂きました!
ユニフォーム額は1Mほどの大きさになる為、持ち運びは大変ですが、
その場で注文を受付、後日宅配便でご自宅に届ける事も可能です。

薩摩川内市は野球・サッカー・バレーボールなどプロチームやオリンピック代表チーム
が多く合宿を行う街なので、今回を機に弊社の額縁に飾られる作品が増える事を楽しみにしています。

なでしこジャパン前監督 佐々木氏 講演

サッカー女子日本代表、なでしこジャパンの前監督の佐々木則夫氏の講演に参加しました。

日本代表をワールドカップ優勝、オリンピック準優勝などに導き、多くの講演活動を
行っているせいか、飽きさせず常に楽しい90分でした。

女子のサッカー人口は世界最強のアメリカは160万人、強豪国の中国30万人、ドイツやオーストラリアは20万人。

その一方日本はわずか4万5000人。なでしこジャパンがワールドカップで世界No1になった時はわずか3万人だったようです。

これだけ競技人口に差がある中、世界のトップクラスで戦えるのは、選手の力はもちろんですが、指導力と協会のバックアップの賜物だと思います。

ちなみに日本の女子スポーツで最も競技人口の多いのはバレーボールの50万人だそうです。

我々中小企業がマーケットの中で大企業と戦うのと同じ環境に、なでしこジャパンはいると思います。

個々の質を高めると同時に、他にない強みを作る、常にチャレンジする事を継続し、強い組織を作っていかねばなりません。

いつの時代もやる事は一緒。実行出来るか出来ないかだけです。

前へ1...3435363738...44次へ