額縁専門メーカーのアルナです。額装するのは写真や絵だけではなく、靴や服などの立体物まで。特殊額に強い当社で飾りたいものはなんでもご相談ください。アルミ製額縁を中心に取り扱い。企業間取引を承っております。

お見積もり/お問い合わせ/資料請求はここをクリック
<<  2018年01月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
リンク集 (個人のご購入はこちらから)
NEWアイテム
今シーズンイチオシアイテム
アルナメディア掲載情報
SUPER DELIVERY(商品購入サイト)
   

web担当米山のつぶやき

入社して1年が経ちました。
web担当米山より額縁や美術館や博物館と絡めた日常の話題をお届け。
ちょっとしたコツや豆知識も身につくコラムを目指します!

※毎週月曜日更新予定です。

勢いの波に乗る。  [2017年10月30日]
皆様こんにちは。米山です。
土日に限って台風がやってくるという大変優しくない天候が続いていますね。
夏物のシーツ類を休日に洗濯したいのに全く手が付けられず部屋の隅でクシャクシャです。
 
さて、台風も昨夜から一気に駆け抜けていったわけですが
本日は勢いの話題。
 
週末は好きなコンテンツのイベントがあり足を運んできたのですが
サービス開始から1年経たずに大きな会場でのイベントと相成りファンとしても嬉しい限り。
その背景には話題になってきた後にファンに畳みかけてきた企画の豊富さがあると感じています。
それにファンも応えたというか。
 
勢いに乗るというのは、人気になった後にそれに便乗するということだけではありません。
自分の「好き」や「テンション」の勢いで何かを作り上げたり
人と話していて「色々湧いてきた」勢いで企画案をある程度まで形にしたり
 
勿論納期に間に合うように一定のクオリティを保ってものを仕上げるのがプロですが
外部からやってくる勢いよりも、内側からやってくる勢いを乗りこなしていく方が
自身の納得のいく形に落ち着くことが多いような気がします。
 
社会のトレンドの動きとは対照的に、どうしても保守的になりがちなこの業界。
チャンスの女神は前髪しかないとも言いますが
普段から勢いに乗るための手札を揃えていく事は考えていきたいですね。
 
 
 
 
Posted at 09:35