額縁専門メーカーのアルナです。額装するのは写真や絵だけではなく、靴や服などの立体物まで。特殊額に強い当社で飾りたいものはなんでもご相談ください。アルミ製額縁を中心に取り扱い。企業間取引を承っております。

お見積もり/お問い合わせ/資料請求はここをクリック
<<  2017年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
リンク集 (個人のご購入はこちらから)
NEWアイテム
今シーズンイチオシアイテム
アルナメディア掲載情報
SUPER DELIVERY(商品購入サイト)
   

web担当米山のつぶやき

入社して1年が経ちました。
web担当米山より額縁や美術館や博物館と絡めた日常の話題をお届け。
ちょっとしたコツや豆知識も身につくコラムを目指します!

※毎週月曜日更新予定です。

各地の現代アート展。  [2017年08月08日]
週末は地方の大学へ進学した弟妹も実家に集合し、母の誕生日を祝いました。
次に会えるのはいつだろうかと話しながら、次の予定を作るのは楽しいです。
「あの予定まで生きるぞ」という延命処置を多数施しながら生きています。
 
こんにちは。最近アナログゲームの対戦相手が欲しい米山です。
 
そんな実家への帰省の折にヨコハマトリエンナーレのチケットを貰いました。
○○トリエンナーレという三年に一度の芸術祭、今では全国に乱立していますね。
 
大型の作品が多いので額縁に入れられるようなことは残念ながらほぼないですが、
私は割と好きで新潟の越後妻有や埼玉などいくつか出かけています。
 
屋外の作品などは静かにする必要もないので好きなように意見も言えますし
360°好きな角度を見つけたり写真を撮ったり目の前で飲み食いしたり…
作品の前でできる行動の幅が広いのも魅力かなと。
(会場ごとのルールは守りましょう!)
 
大巻伸嗣さんや蔡國強さんなど、私は芸術祭をきっかけに好きになりましたし
(かなりメジャーどころな方々ではありますが…)
現代美術の作家さんは「新作が見られる」という楽しさがあります。
 
そんな面白さがある一方
各地に乱立したことで、当初の目的であった「地域活性化」という側面が薄れていたり
安全対策が不十分な同様の展示会で事故が起こっていたりといった問題点も生まれています。
 
人生を豊かにする芸術だからこそ、いわゆる大人の事情的なものに振り回されずに
長く楽しめるイベントであってほしいです。
皆様もそんな芸術祭にもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
 
画像は昨年のさいたまトリエンナーレの演劇作品に出かけた時の写真です。
電車を丸ごと貸し切って、実際に走りながら中で演劇をする作品でしたが、
これだけ見ると大変にカオスです。
Posted at 08:07