額縁専門メーカーのアルナです。額装するのは写真や絵だけではなく、靴や服などの立体物まで。特殊額に強い当社で飾りたいものはなんでもご相談ください。企業間取引を承っております。

お見積もり/お問い合わせ/資料請求はここをクリック
<<  2017年09月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
リンク集 (個人のご購入はこちらから)
NEWアイテム
今シーズンイチオシアイテム
アルナメディア掲載情報
SUPER DELIVERY(商品購入サイト)
   

web担当米山のつぶやき

入社して1年が経ちました。
web担当米山より額縁や美術館や博物館と絡めた日常の話題をお届け。
ちょっとしたコツや豆知識も身につくコラムを目指します!

※毎週月曜日更新予定です。

漫画の原画展と額縁。  [2017年07月10日]
皆様こんにちは。
 
そろそろ積読本が溜まってきたので消化したいのですが
家では暑くてとても読めないのが悩みです。米山です。
柔らかくてぬるくならないアイスノン
ひやっとしたたぷたぷのウォーターベッドに包まれて読みたいところです。
 
さて、先日は小学生の頃から読んでいる種村有菜先生の
漫画家業20周年記念原画展に行ってきました。
…年齢がばれますね!
 
漫画の原画展というと、種類は主に二つあります。
・複製原画展
・原画展
複製原画展は本屋などの企画で行われる比較的ライトなものですが
今回は生原画ということで描いた紙そのままです。
 
華やかな作風で知られる人なので、実際のタッチの細やかさに感激。
 
カラー原稿は意外と立体物が貼ってあったりもして、
掲載時の印象との差を感じるのも面白い展示でした。
 
さてここから額縁屋目線。
 
いつも漫画の原画展に足を運んで面白いな~とおもうのが
額装される場合の額縁が木製で細身の黒一択だということです。
 
木製の黒い縁、白のマットに原画というのが漫画の原画展の鉄板。
あくまでも主役は中身で、額縁は作品保護の手段でしかないのだなぁと。
 
額縁の話をするにあたって会場で撮影していた画像を眺めていたのですが
ものの見事に額縁が写っていませんでした(苦笑)
いかに額縁が原画展において黒子役に徹していたのかが分かります。
 
原画展に飾る作品を選んだり、それに添える一言コメントなどは
作者が関わりセレクトしたり書き下ろしたりすることが多いですが
作者のセンスで原画を額装するような企画もあればいいのにと思う額縁屋です。
(きっととてもマイノリティな意見)
 
 
Posted at 13:38