額縁専門メーカーのアルナです。額装するのは写真や絵だけではなく、靴や服などの立体物まで。特殊額に強い当社で飾りたいものはなんでもご相談ください。アルミ製額縁を中心に取り扱い。企業間取引を承っております。

お見積もり/お問い合わせ/資料請求はここをクリック
<<  2018年02月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
 
リンク集 (個人のご購入はこちらから)
NEWアイテム
今シーズンイチオシアイテム
アルナメディア掲載情報
SUPER DELIVERY(商品購入サイト)
   

□営業堀の知識自慢日記□

今年(2017)たった10人しか合格ができなかった、
【全国額縁組合連合会認定フレーマー資格テスト】に、
弊社営業の『堀幸生』が見事合格をいたしましたので、
堀が日頃から身につけている額縁知識を、毎日皆様にご紹介いたします。

恵方巻  [2018年02月05日]
どうも、お世話になっております。
2月3日は春分の日ということで
恵方巻を食べられた方は多かったのではないでしょうか?
 
私は、その日の夕方に春分の日であるという事を知った非国民ですが
引っ越し祝いで頭がいっぱいだったのでまだ日本にいさせてください。
 
 
とあるニュースアプリで拝見しましたが
今、恵方巻の生産数が落ちているという記事を見ました。
食べる人が減っているのも事実ですが、それ以上に
スーパーマーケットなどで売られている恵方巻の廃棄の量が尋常じゃないらしく
従業員、お客様よりいかなるものなのかと多数声が上がり、昨年の
消費量ほどまで生産数を下げたそうです。
 
その結果、特に大きく廃棄もなく、完売したとのこと
欠品でのクレームが予想されましたが、むしろ小売りの店舗によっては称賛されたとのこと。
 
 
望まれた欠品なんて初めて聞きました。
 
額業界で欠品が望まれるほど商品が流通したらいいなと
営業なのにもかかわらず絵空事を想像しました。
夢見る営業マンの堀でございます。
 
 
さて、本日は額縁が普及し始めた要因について書かせて頂きます。
 
 
1347年から1351年にかけて、黒死病(ペスト)が西欧全土を襲いました。
その時期以降、より崇高な精神でさらに強い信仰心を抱き、マリアの聖像を
家庭に飾る人々が増えました。それが現在に通じる装飾的要素を含んだ額縁の
普及を誘ったと言われております。
 
全部書くととてつもない長文となってしまうので
今回は額縁普及説パート1とさせてください。
 
次回はパート2です。
 
 
記事を読んでいただきありがとうございました。
Posted at 20:24