額縁専門メーカーのアルナです。額装するのは写真や絵だけではなく、靴や服などの立体物まで。特殊額に強い当社で飾りたいものはなんでもご相談ください。アルミ製額縁を中心に取り扱い。企業間取引を承っております。

お見積もり/お問い合わせ/資料請求はここをクリック
<<  2018年02月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
 
リンク集 (個人のご購入はこちらから)
NEWアイテム
今シーズンイチオシアイテム
アルナメディア掲載情報
SUPER DELIVERY(商品購入サイト)
   

□営業堀の知識自慢日記□

今年(2017)たった10人しか合格ができなかった、
【全国額縁組合連合会認定フレーマー資格テスト】に、
弊社営業の『堀幸生』が見事合格をいたしましたので、
堀が日頃から身につけている額縁知識を、毎日皆様にご紹介いたします。

引っ越し完了  [2018年02月03日]

どうも、お世話になっております。

 

昨日、お休みを頂き、晴れて引っ越しが完了しました。

 

 

 

晴れて区民の仲間入りです。

さいたま市桜区ですが。

 

恐らく、最寄り駅をいっても「どこそこ()」と返ってくるので

大宮の近く辺りとだけ覚えていただければ幸いです。

 

そのうち、世田谷区民になれるようがんばるので

お近くに住んでる方、是非待っていてください。

 

 本日から最近オークションで落とした

ロードバイクで30分ほどかけて通勤です。

下半身の筋力トレーニングはまったくやっていなかったので

ちょうどいい機会だとおもっております。

 

さて、本日からは美術の歴史云々ではなく

額縁の歴史について記載をさせていただきます。

 

額縁の始まりと普及について

額縁の歴史を見れば、建築と深く関わり合いながら

長い年月を経て発展してきたことがわかります。

古代の宮殿や教会の壁や天井には呪術的、宗教的な絵画

レリーフ(浮彫)やモザイク(ガラス、貝殻、宝石などをちりばめた図案

絵画などを表した装飾物)が描かれていました。人々はその場所を訪れて

神仏と通じ、救いを求めたり、豊かな暮らしを祈願しました。やがて、神の

分祓や布教の目的で壁画や天井画は持ち運びができるタブロー形式の画にも

発展をしました。この時期に絵画やレリーフは建築から独立した芸術作品となり

その作品を飾るために生まれたのが額縁の原形であろうと言われております。

今回は、年代などに落とし込んだ内容ではありませんが

次回から私のブログがタイムスリップ致します。

 

 

記事を読んでいただきありがとうございました。

Posted at 17:18